今夜は映画ナイト!

洋画・ディズニー作品・海外ドラマを中心としたエンタメブログです!たまに雑談も・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

# 76 【X-ファイル 2018】怪物×超能力者  最後まで見逃せない必見エピソード!

こんにちは!W.D.F です!

今回は「X-ファイル 2018」エピソード5"グーリー"を紹介していきます。

ネット上の怪物グーリーと超能力を持つ青年。

最後まで見逃せない衝撃的なエピソードです!

(この記事はエピソードのネタバレを含みます。)

f:id:WDF:20200920115347j:plain

 https://video.foxjapan.com/sp/x-files/2018/episode/

X-ファイル 2018』オフィシャルサイトより引用

 「X-ファイル」って何?という方はこちらをチェック!

 

wdfmmovieusic.hatenablog.com

 あらすじ

夜の廃船で、二人の女子高校生がお互いを切りつける事件が起きた。

彼女たちは船の中で、ネットで噂の怪物グーリーを見つけたという。

一方で、スカリーは謎の夢に悩まされていた。

驚くことに夢の中で見た光景は、事件の起きた廃船だった。

 

謎のボーイフレンドの正体とは?

モルダーとスカリーは、被害者であり加害者でもある二人の女子高校生に会いに行きます。

彼女らはお互いに面識がなく、事件当日にお互いを切りつけたことも覚えていませんでした。

しかし、二人には共通点がありました。

それは、グーリーを見たということ・同じ夢を見たということ・同じボーイフレンドがいること!

そしてその夢とは、スカリーが見たものと同じでした。

 

ボーイフレンドの名はジャクソン・ウ゛ァン・デ・カンプ

モルダーとスカリーが彼の家を訪れると、なんと銃声が!

ジャクソンと彼の両親は既に亡くなっていました・・。

 

ここでいきなり急展開ですが!

モルダーとスカリーは、ジャクソンの正体が、養子に出した息子ウィリアムではないかと推測します。

エピソード1で、スカリーが幻覚を見たのも、ウィリアムの仕業でした。

となると、今回の夢の原因も・・となる訳です。

(因みに養父母の苗字が、ウ゛ァン・デ・カンプらしいので、もうそうじゃん!)

スカリーは亡きウィリアムを見て落胆・・。

守れなかったと、自分を攻めます。

 

念の為、DNA鑑定をしてみると、やはりスカリーとジャクソンのDNAは一致

ジャクソンはウィリアムだったのです!

まさかのウィリアムの死亡。悲しすぎる。

と思いきや・・

ジャクソンの死体が消えたのです!

 

事件の真相とは?

事件の発端は、政府の「クロスロード計画」でした。

この計画は、政府が異星人と人間のハイブリッドを作るものでした。

スカリーは過去にこの計画に巻き込まれ、その影響はウィリアムにも出ていました。

結局のところ、計画は失敗に終わり、政府は行方をくらました被験者を探していました。

ウィリアムの養父母を殺したのも、政府の一味だったのです。

そしてウィリアムは実験の結果、代替現実を見せる能力を獲得しました。

この能力を使って、グーリーを見せたり、自分が死んだように見せかけていたのでした。

つまり、グーリーの正体はウィリアムだったのです!

 

その後、病院でウィリアムと政府との闘いが始まります。

ウィリアムは得意の代替現実を使い、政府から逃げ切ることに成功します!

ラストシーン

モルダーとスカリーはガソリンスタンドに停車。

すると、とある人物がスカリーの元にやってきます。

彼はスカリーに「信念を持たぬ者はすべてに流される」と伝え去ります。

モルダーはその言葉が、「マルコムX」のセリフであることに気が付きます。

マルコムX」のポスターが、ウィリアムの部屋にありました。

監視カメラを確認すると、その人物の正体はウィリアム!

モルダーとスカリーは、彼が無事であることに安堵するのでした・・。

 

 

今回は、都市伝説の怪物が暴れるエピソードかと思いきや、まさかのモルダーとスカリーの息子ウィリアムに関する超重要エピソードでした!

やっとウィリアムが登場したわけですが・・

二股かけるし、グーリーの正体だし、印象悪すぎ!

しかも、ずっとウィリアムを育ててくれた養父母は、秒で殺されちゃうし・・。

モルダーもスカリーもそのことをスルーするし・・。

いやいや、あなた達の息子を育ててくれた人だよ?

何とも思わないの? なんて思わずツッコミたくなりました!

とは言え、ストーリー自体は面白いので、興味のある方はぜひチェックしてみてくださいね!

 

これからも、「X-ファイル 2018」全エピソードのレビューをしていきますので、ぜひ読者登録よろしくお願いします!

それでは次回の「X-ファイル」の世界でお会いしましょう!

バイバイ!