今夜は映画ナイト!

洋画・ディズニー作品・海外ドラマを中心としたエンタメブログ!たまに雑談も・・

【観なきゃ損!】「プレステージ」/ 伏線回収が凄すぎるミステリー傑作映画<NOネタバレ感想>

 

皆さんこんばんは!iBUKi です!

 

皆さんは、マジックはお好きですか?

 

僕もマジックは大好きで、

小学生の頃のお楽しみ会で、

トランプマジックをしたことがあります。

 

まぁ、それから約10年、

1回もマジックしてないですけどね(笑)

 

さて、これから繰り広げられる

天才マジシャン二人のマジック。

 

あなたはそのトリック

見破ることができますか?

 

     「プレステージ

 

f:id:WDF:20211225104307j:plain

(C)2006 TOUCHSTONE PICTURES All rights reserved.

 

メメント」のように、

時に驚きのトリックで人を騙し

 

インターステラー」のように、

時に壮大な映像美を見せる

 

映画界の巨匠、

クリストファー・ノーラン監督

 

本作も、ノーランワールド全開の

「これは、してやられたな」と思う

ミステリー作品でした。

 

今回も、ネタバレなしで、

作品の魅力を可能な限り

お伝えしていきます!

 

 

🎬CONTENTS

 

こんな方向けの記事です!
 
✅ 本作をまだ観ていない方
 
✅ 本作を観て、
      他の人の感想を知りたい方
 
✅ ミステリー作品を観たい方
 
 

作品基本データ

 

メイン・キャスト

 

ボーデン / クリスチャン・ベール

アンジャー / ヒュー・ジャックマン

オリヴィア / スカーレット・ヨハンソン

カッター / マイケル・ケイン

監督 / クリストファー・ノーラン

(2006年製作 / アメリカ / 130分)

 

 

あらすじ

 

19世紀末のロンドン。

 

人々の人気を博していた

ボーデンアンジャーという

二人のマジシャンがいた。

 

かつては共に仕事をしていたが、

とある事故をきっかけに

二人は犬猿の仲になっていた。

 

あるショーの最中。

 

アンジャーは、マジックを

失敗し死亡してしまう。

 

その場にボーデンがいた事から、

彼は殺人の容疑をかけられる。

 

しかし、その裏には、

アンジャーの仕掛けた、

トリックが隠されていたのだった

 

 

予告編

 

www.youtube.com

 

作品ワンポイント解説

 

プレステージ(prestige)とは、

      名声という意味を持つが

      元々トリックという意味もあった

 

✅ デビッド・カッパーフィールドが

      マジック監修を担当

 

✅ 第79回アカデミー賞にて、

      撮影賞と美術賞にノミネート

 

 

NOネタバレ感想 ~本作の注目ポイント~

 

最後に笑うのは誰だ?

 

f:id:WDF:20211225145754j:plain

プレステージ - 作品 - Yahoo!映画

Yahoo!映画より引用

 

物語の主人公となる二人のマジシャン

ボーデンとアンジャー。

 

ボーデンは、マジシャンをも唸らせる

マジック技術の持ち主。

 

一方のアンジャーは、演出上手で、

ショーは大人気でした。

 

二人が組めば、もう最強のショーなのに

彼らはお互い憎み合っています。

 

片方が、もう片方のショーに顔を出し、

そのショーをぶち壊すなど、

醜い戦いが繰り広げられます😅

 

しかし、この闘争のスタートから、

もうマジックは既に始まっています!

 

全編130分全てに

トリックが仕掛けられているんです!

 

カッパーフィールド監修のマジックに

「おぉ~!」って楽しんじゃいますが

騙されちゃ駄目ですからね(笑)

→それ自分や!

 

最後に笑うのは、

死亡したアンジャーか。

容疑をかけられたボーデンか。

 

それとも、

全てのトリックを暴くあなたか!

 

 

時系列マジック

 

f:id:WDF:20211226165134j:plain

Yahoo!映画より引用

 

ノーラン監督作品の面白い所は、

時間の流れを一方通行にしないことです。

 

現在と過去を行き来することで、

一見単純そうな物語構成も

複雑に見せてしまうのです。

 

ノーラン監督の場合は、

物語のテーマそのものが難しいので

ほーんとうに難解ですが😅

 

本作は、「メメント」や「TENET」等

と比べると比較的分かりやすいですが

 

それでも、ボーッとしてると、

チ〇ちゃんに叱られる…じゃなくて

物語に置いていかれます。

 

ということで、

本作の異なる時系列を

簡単にまとめてみました!

 

現在: アンジャー殺害容疑で、

    ボーデンは刑務所内で生活

   アンジャーの日記を読む

     

過去①: ボーデンの手記を頼りに、

    マジックのタネを解き明かす

    アンジャーの旅

     

過去②: ボーデンとアンジャーの

     闘争の始まり

 

この3つの時系列が交錯して

物語が進んでいきます。

 

ね!ボーッとしてると

置いていかれるでしょ!(笑)

 

でも、こうすることで、

逆に物語に引き込まれますし

 

ここがあそこと繋がるのか!という

ワクワク感もあります。

 

改めて、ノーラン監督の

時系列マジックは天才的だなと

思いましたね。

 

 

完璧な伏線回収

 

f:id:WDF:20211225155517j:plain

Yahoo!映画より引用

 

さぁ、いよいよやって参りました。

 

タイトルにも書きましたが、

本作の目玉である伏線回収!

 

いやもう、本当に凄いです😲

 

本作を観ている途中に、

「あれ?これおかしくない?」

と思う箇所が幾つかありました。

 

でも、重要じゃなさそうだから

まぁいいのかなとスルーしてましたが

 

ラストの種明かしでビックリ!

 

実は大きなヒントだったんです!

 

何気ない会話、何気ない仕草、

何気ないカット…

 

そんな所に、実はヒントが隠されていて

もう伏線回収が完璧でした。

 

ラストの全てが納得いく感じ。

皆さんにもぜひ味わって欲しいです!

 

それでは最後に、僕からも特別ヒント🔍

 

真実というものは、

意外と単純なものなのです

 

 

まとめ

 

✅ 全編に仕掛けられたトリックの数々

 

✅ ノーラン監督ならではの

    時系列マジックも健在

 

✅ ラストの爽快な伏線回収が凄い

 

プレステージ

まだ観ていない方はぜひチェックです!

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

これからも、沢山の洋画情報を

お届けしますので

 

ぜひ読者登録・応援よろしくお願いします!

 

それでは次回の洋画の世界でお会いしましょう!

バイバイ!

 

おまけの一言
 

こちらがクリスマスに上げたかった

記事でした~。

 

映画自体は、クリスマスとは

本当に無関係ですが

 

イブサンタからの、おすすめ映画の

プレゼントです♪

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ 映画ブログランキングに参加中。

皆様の1クリックのご協力お願いします!