今夜は映画ナイト!

洋画・ディズニー作品・海外ドラマを中心としたエンタメブログ!たまに雑談も・・

【感想/解説】「アンチャーテッド」トムホが見せる!大迫力アクション満載のエンタメ作品が誕生

 

       アンチャーテッド

 

アンチャーテッド : 作品情報 - 映画.com (eiga.com)

映画.com より引用

 

皆さんこんばんは!iBUKi です!

 

当ブログにお立ち寄り頂き、

ありがとうございます😊

 

今回は、世界中で大人気の同名ゲームを

実写映画化したアンチャーテッド

感想と解説を行っていきます!

 

同じく今年公開の、ゲームを実写映画化した

新作「バイオハザード」は酷評でしたが、

果たして本作はどんな作品なのでしょうか?

 

 

 

🎬CONTENTS

 

ネタバレについて

 

本記事では、ネタバレなしとありの両面から

作品の感想/解説を行っています。

 

ネタバレに関して、結末を除き、

一部ストーリーの内容を扱っています。

結末については、ぜひ本編をご覧ください。

 

作品基本データ

 

メイン・キャスト

 

ネイト トム・ホランド
サリー マーク・ウォールバーグ
クロエ ソフィア・アリ
ブラドック タティ・ガブリエル
モンカーダ アントニオ・バンデラス
監督 ルーベン・フライシャー

 

製作年 2022年
製作国 アメリ
時間 116分
原題 Uncharted
配給 ソニーピクチャーズ

 

視聴方法

 

見放題 Prime Video
レンタル U-NEXT, dTV 他

 

※ 2022年10月12日時点のFilmarksの情報を

参考にさせていただきました。

 

あらすじ

 

バーテンダーとして働くネイトの元に、

トレジャーハンターのサリーが現れる。

 

サリーは、マゼランの財宝を探しており、

それはネイトが幼い頃に生き別れた兄サムの

追い求めていたものと同じだった。

 

ネイトは財宝の元にサムがいると考え、

サリーと共に行動することを決める。

 

しかし、ネイトを待っていたのは、

騙し合いと危険に満ちた冒険の旅だった。

 

予告編

 

youtu.be

 

ネタバレなしの感想と解説

 

○○よりのアドベンチャー映画だ!

 

映画.com より引用

 

昔からアドベンチャー映画が大好きで、

色々な作品を観てきましたが、本作もまた、

お気に入りの作品の一つとなりました。

 

原作のゲームファンの方からすると、

賛否の様々な声があると思いますが

 

今回僕は(ゲームをプレイしたことがないので)

映画好きとしての感想を話していきます!

 

まず本作は、

アクションよりのアドベンチャー映画でした。

 

アドベンチャー映画は大きく分けて、

アクションが多いか、謎解きが多いか、

この二つのパターンに区別できます。

ただの持論ですが(笑)

 

例えば、「ナショナル・トレジャー」は

謎解きが何重にも作り込まれていますし、

 

インディ・ジョーンズ」は本当に

アクションと謎解きの配分が上手です。

 

本作「アンチャーテッド」は、

謎解きのシーンは少な目だったものの、

アクションは大大大迫力でした!

 

まぁでも、これに関しては、

観る前からうすうすそんな気が…(笑)

 

なんせ、MCUスパイダーマン

トム・ホランドが主演なんですもん!

見応えないわけがない

 

ということで、

トムホが見せる迫力のアクションについて、

もう少し詳しく語っていきます♪

 

ピーターではなく、ネイト

 

映画.com より引用

 

スパイダーマン俳優として、

世界で大注目のトム・ホランド

 

スタントも自らこなし、

その身体能力の高さに毎回驚かされますが、

本作でも迫力のアクションを見せてくれました。

 

しかし、やっぱり頭をよぎるのは、

スパイダーマン=ピーター・パーカーの顔。

 

異なる作品なので、

比べることは良くないと思うのですが、

どうしても連想してしまいます(笑)

吹替の声優さんも同じだもんね😅

 

序盤いきなり始まる空中戦。

最初から溢れ出すピーター感。

 

「このまま作品が進んでいくのかな」

そう少し不安にも感じました、が…

 

大丈夫です!

本作のトムホは、ちゃんとネイトでした!

 

ピーターとは異なり、

ネイトはちょっと生意気な青年という雰囲気で

別のキャラクター性が確立されています。

 

自分に気があると自信満々だったり、

サリーに計画に不必要なものを頼んで、

嘘をついたり。

 

でも、優しい心を持っている一面もあり、

トムホのイメージ像ともぴったりでした。

 

最初は確かに違和感はあったものの、

本作のトムホはちゃんとネイトなのです!

 

ネタバレありの感想と解説

 

奇想天外なアクションの連続

 

映画.com より引用

 

さて、いよいよ本題のアクションに入りますが、

いやー本当にヤバかったですね(笑)

 

ヘリから落ちて荷物につかまったり、

財宝の入った船をヘリで持ち上げて、

空飛ぶ海賊船バトル始めたり。

 

「もう、少年漫画の世界やん!」

思わずツッコんでしまいました。

 

正に有り得ないことの連続でしたが、

この"有り得なさ"が作品を楽しいものに

してくれていたと思います。

 

ゲームの実写映画化ということで、

リアリティよりもエンタメを重視しており

 

確かにストーリー性は薄いのですが、

それをアクションがカバーすることで

とても良い仕上がりとなっていました!

 

これは、映画館で観るべきでしたね(笑)

再上映してくれ~

 

まさかのポスクレ二段構えということで、

続編の示唆もしっかり行われており、

今後の動きにも注目していきたいと思います!

 

それにしてもソニーは、

バディ映画を作るのが上手いですね。

 

メン・イン・ブラック」に「ヴェノム」に、

そして今回のネイトとサリーも

大好きなバディの一つとなりました。

 

 

 

まとめ

 

✅ 見応えありのアクションの連続

✅ ピーター感があるも、最後はネイト

✅ 今後の作品にも期待!

 

アンチャーテッド

まだ観ていない方は、ぜひチェックです!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

これからも、沢山の洋画情報を

お届けしますので

 

ぜひ読者登録・応援よろしくお願いします!

 

それでは次回の洋画の世界でお会いしましょう!

バイバイ!

 

 

おまけの一言
 

ディズニーとユニバのイベント割

最強すぎませんか?

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

※ 映画ブログランキングに参加中。

皆様の1クリックのご協力お願いします!